50代独身無職になりました

50代独身無職。最愛の父の死後のおひとり様の日常。

ぬりえその2

50代独身無職。

odekeke.hatenablog.com

↑からの続き。


幼き頃、亡き父に買ってもらった
バービーのぬりえ。けっこう
大切に使っていた記憶がある。

はじめて父がわたしに「なにが欲しい?」
と聞いて買ってくれた物だからなのか、
よくわからない。

人形は大嫌い。
夜中、動いてそうで怖かった。

好きな物は動物のぬいぐるみ。

でも2次元のバービーぬりえは大丈夫。


授業が退屈でつまらなくて、よく
教科書やノートの端に絵ばかり描いて
退屈さをなんとかしのいでたな。

授業中、先生の話を聞かずに
絵を描くことに没頭してたら

クラスメイトみんなの前に立たされ、
めちゃくちゃ怒られたこともある。


そんなわたしの教科書は鉛筆画まみれ。

すごく汚なくて、人に見せるのが
とても恥ずかしかった。

そんな懐かしさと苦い想い出から、
無料ぬりえ素材集をDLして印刷する。

選ぶ物は女の子か動物モチーフばかり。
幼い頃と好み変わらないんだと思った。


馬、天馬、ユニコーン
競走馬の筋肉を見るのも好きだ。


幻想的なお馬さんの絵がうちゅくしい。


塗り始めると止まらない。
絵を描かなくていいぬりえ、最高。

「上手くかかなきゃ!」という
心の負担が軽いからはじめやすい。

ただA4サイズで大きめに印刷したので、
リハビリには塗る部分が多くて疲れた💦

次はもっとお手軽B5サイズでやってみよう。

改めて思う。
絵を描くこと。ぬりえをすること。

こんなシンプルなことひとつとっても、
色んな心の動きがあったんだなあって。

誰かと比べて苦しむ必要なんてないけど、
...評価が欲しくなる時だってある。

ある意味これがさ
「生きてる」ってことなんだよな。

それにしても「いらすとや」さんは、
どんな絵もあって優秀だわあ。